目指せ合格!神戸女学院中への道!~父と娘の中学受験・ときどき御朱印~

小6娘と父親による中学受験ブログ。目標は神戸女学院中学です。~娘の合格祈願で始めた、神社めぐり 御朱印のことも~

ついに本番!そして結果!(その1)

目指せ合格! 神戸女学院中への道!

 

    父と娘の受験ブログ ~

 

 

神戸女学院中へ合格する!

という、壮大な夢に向かって 4年前からスタートした、

中学受験。

 

ついに、この日を迎えることになりました。

長かった、この1週間を振り返りながら、報告させて頂きたいと思います。

 

このブログへの更新も、当初はずっと経過をお伝えするつもりでしたが、実際にはそんな余裕もなく。(時間的にも、精神的にも)

ですが、少ないながらも読者の方がおられたようですので、最後までお伝えしたいと思います。

 

長文になりますが、よろしければお付き合い下さい。

 

◆1月18日(金) 受験1日前

 

ついに、明日が本番です。

学校は、3学期の始業式以来、休ませて頂いております。理解ある担任の先生に恵まれて良かったです。

 

1月に入ってから、1番気にしたのは、体調管理。

受験当日、風邪やインフルエンザですと、力が発揮できません。親としては、これが最後の努め。

 

この1週間は、夕方の早い時間から日能研に行き、先生を捕まえて質問したり、特別に授業してもらっていたようです。

授業も昨夜で終わっており、本日は質問日だったのですが、昼から日能研へ行って、最後の指導を受けておりました。

それと、灘中を受験する、男の子のお友達とも最後のエール交換をしたかったようです。

 

3灘ジュニアのクラスの時から、5灘クラスまで一緒に勉強した苦楽を共にした仲間たち。お互い目指す目標は、超難関校です。 自分を信じているとは言え、不安になるのでしょう。そんな友達からの一言は、我々の言葉よりも力になるのかもしれません。

 

さて、やれる事はやりました。

ここまで長い道のりでした、たくさん怒り、たくさん泣き、「もう止めよう」と言ったこともあり、それでも歯をくいしばり、立ち上がり…

 

娘よ、よくここまで辿り着いた。よく頑張った。

 

本当に強くなったと思う。 最後の結果は、どうなるか分からない。ここまで来たら、ご縁があるかどうか。

とにかく悔いが残らないようにしよう。最後の1秒まで、これまでの努力の全てを注ぎ込もう。

 

明日、神戸女学院まで連れて行きます。私たちが出来るのはここまで。あとは自分の足で、進んでくれ。

 

娘をベットに寝かしつけ、最後のメッセージを伝えました。

 

明日は、日能研の駅ビル校に集合してから、学校に向かいます。朝も早いです。緊張せず、しっかり寝てくれるでしょうか。

 

娘が寝た後、これまでの受験勉強の日々が思い出され、思わず涙ぐみそうになりました。いやいや、泣くのは結果が出てから。あと数日、頑張りましょう。

 

◆1月19日(土) 受験当日

 

おはよう!元気に起きて来ました。

うん、顔色は良い、大丈夫だな。

 

娘と妻には、電車で西宮北口まで向かってもらいます。

私は、トラブルの対処として、車でバックアップします。

朝から準備して、さあ出かけようと思った時、

「あれ!?間に合う?」

慌てて時計を確認すると、出発予定時刻を過ぎている。

おかしい、時間を確認していたはずなのに。

しかし、ここでパニックになると、娘が慌ててもいけない。次の電車でも間に合うのだが、車で隣の駅まで走れば、予定の電車に間に合いそうだ。

 

よし!行こう!

と、表向きは平静を保ちながら(内心は焦ってたけど)、隣の駅まで車で移動しました。

大丈夫、間に合った。

妻からのLINEで、ホッとしましたよ。

 

しっかり準備していたつもりですが、こういうトラブルもあるんですね。娘以上に、こちらも緊張してるのかな。

 

電車も車も問題なく、西宮北口に到着。

日能研で最後のアドバイスを貰います。そこには、先生たちの他にも、神戸女学院へ通ってる日能研OGのお姉さん達がたくさん来て頂いてました。

嬉しいですよね。娘たちも力になったと思います。

 

付き添いで学校に入れるのは一名のみ。

それは妻にお願いしました。

 

さぁ、娘よ!行ってこい!

これまでの全てを注ぎ込んで来い!

 

しかし、娘はいたって冷静。

「当たり前でしょ!何のために、これまで頑張ってきたの」

 

え!?

一瞬、娘がベジータ(アニメ:ドラゴンボールに登場するサイヤ人の元王子)

に見えました。

まぁ、冷静な事は良いこと。「頭はクールに、思いは熱く」頑張ってきてくれ。

 

さぁ、神戸女学院は試験問題の配布がありません。

ですので、どのような問題が出題されたのか、分からないのです。

とにかく、娘の場合は算数。

算数で、ある程度の点数が取れたら、国語と社会で点数は稼げる。

その私の目論見は、うまくいくのか。

ともかく、試験がうまくいくのを祈るばかりです。

 

~~試験終了後~~

試験を終えた娘が出てきました。

果たして、どのような表情をしているのか。。

マスクで顔が見えないけど、目は笑っているような。

 

「できた!できた!算数、好きな問題が出た!

 お腹空いた、なにか食べたい!」

 

しっかりと、試験に臨めたようですね。

娘の分析によると、

 ■国語 「最後の記述が書ききれなかった。けど、他は大丈夫。」

     国語はこれまでの過去問でも、

     80点~90点程度をいつもとっておりましたので、まあ大丈夫かな?

 

 ■算数 「これまで日能研でやってきた問題がでた。1枚目は簡単。

     自分でも大丈夫かな?と思えるぐらい解けた。2枚目は難しかったな」

     算数は平均点ちかくの点数があれば十分と思ってたので、

     最低限は取れているかな?

 

 ■理科 「結構、ややこしい問題が出たかな、60点ぐらいは取れていると思う」

     ここにきて、理科が自信なさげ。神女の理科は、結構ややこしい問題が

     あるからね。ここがポイントか?

 

 ■社会 「松下村塾って、誰だった?」「吉田松陰」

     「あぁ・・・」

     ど忘れ、するんですよね。何故か、松下幸之助の名前ばかり、

     頭をよぎったそうです。 

     こういう小さなミスの積み重ねが大事にならなければ良いのですが。

 

 神戸女学院1日目が終わりました。

 結果はどうであれ、本人はやりきった感がある様子。

 悔いなく試験に挑めたのであれば、まずはそれで良し。

 

 明日は、神戸海星女子 の試験です。

 ゆっくり休んで、あす以降に備えましょう。

 

 

 ~~ついに本番!そして結果!(その2)に続く~~