目指せ合格!神戸女学院中への道!~父と娘の中学受験・ときどき御朱印~

小6娘と父親による中学受験ブログ。目標は神戸女学院中学です。~娘の合格祈願で始めた、神社めぐり 御朱印のことも~

6月公開模試結果

目指せ合格! 神戸女学院中への道! 父と娘の受験ブログ 〜第17回

 

さて、昨日の公開模試の結果が出ました。

最近、素直になったし、社会もかなり頑張っているからなぁ。

期待しているよ。  。。。ん?

 

。。。。。。。。

 

あら。。?

 

なんじゃ、こりゃ~~。。。

 

前回より成績が下がってるじゃないか!?

 

頼みの綱の国語が、いま一つ。

これでは、成績の引き上げができない。

今回のテストは、神女と違い記述問題が少なめ。

全体的に問題数が少ない。

娘は、長文を得意としているので、記述が少なく・選択問題が多いパターンは、

少しのミスが命取り。。

国語で、点数を大きくカバーできなかった。

 

算数は、□1の計算問題から、間違いあり。

□2の基本問題でも、間違っている。

ただでさえ、苦手としている算数で、ミスは絶対にダメ。

「取れる問題を確実に取る!」

これが実行できない内は、全体として組み立てられません。

 

理科・社会。

悪くはない。だが、良くはない。

どんな問題でも80点前後は取れる。

あとは、どれだけ積み重ねられるか。

引っかけ問題にかからないよう、着実な解答。

冷静な問題分析ができないと。

 

勢いだけでテストに挑むのは、もう終わり。

これからは、少し頭を使った取り組みを考えないと、いけません。

 

正直、今回のテストは悪かった。

だが、毎回のテストで一喜一憂するのは、止めました。

 

毎回のテストの結果で、子供を注意していると、

それが子どもにとってプレッシャーになり、

知らず知らずのうちに追い込んでしまうようです。

 

実際、うちの娘もプレッシャーから、スランプに陥る時期がありました。

 

その頃は、訳もわからずひどい点を取り続けます。

 計算ミスは当たり前、計算できているのに解答欄を間違えたり、

 漢字を間違えて記述が×になったり。。

 頭が真っ白で、覚えた事がまったく出てこないことも。

 

所詮は、11歳の子供です。

怒るより、褒めて、励まして、応援して、、

親も、やっと気づきました。

 

よし、まずはテスト直し!

二度と同じ間違いはしない。

明日も、朝の6時から勉強ですよ~。

 

娘よ、あなたのことを信じている!

最後まで頑張ろう!

 

神戸女学院中、入試まであと228日

 

「才色兼備」が育つ神戸女学院の教え 教えて!校長先生 (中公新書ラクレ) [ 林真理子 ]

価格:799円
(2018/6/5 00:20時点)